欅のプレート

友人のメリーランドジャパンが仲間とともに取り組んでいる「銘木プレートプロジェクト」は、長野県佐久で長い間日の目を見ることなく眠り続けていた器を、未来へと繋ぐ橋渡しをする活動です。


先日、その器たちに直接触れられる機会があり、私は会場の壁に飾られていた欅のプレートを購入しました。樹齢数百年以上の材に見られる玉杢という杢目の広がりが美しく、これだな!と即決でした。成長過程で発生する模様が、木の持つストーリーを想像させてくれます。


長く使えるようにオイルを馴染ませていくつもりですが、その前に無垢のお顔を一枚。ようこそ我が家へ。