残暑ものびのーびと



茹だるように暑い日は、よく床で涼をとります。もしも擬態という競技があって、種目に床があったなら、私はなかなかの競技者になれると思います。


暑かった1日。それでも暦の上で今日は立秋。秋という響きにまだまだギャップを感じますが、これから少しずつ、夏を見送る瞬間が増えていくのですね。今年はあと何回、床との一体感を味わうでしょうか。

残暑ものびのーび過ごしましょう。