はじめまして


中学生の頃、桜をテーマに作文を書いた。“桜色”という色があるけれど、あの色を染料として抽出するのは、花びらからではなく、幹や枝からということを知り、そこから感じたことを文章にした。

あのごつごつした茶色い部分から、やわらかで淡いピンク色が生み出されるなんて不思議だったし、とても驚いた。それと同時に、「つい花のことばかり気にしていたけれど、幹も枝も・・・全部そろって桜なんだな~」という気持ちにもなった。一見目をひく外側ではなく、内側で静かに、でも確かに“桜色”であるその姿に、芯の部分の大切さのようなものを、当時のわたしは感じていた。

見た目も素敵な方がいい。

でも、外からかためてばかりいかないで、内から溢れ出てくるもので、「わたし」ができていくといいなと思う。

ホームページを作りました。

どうぞよろしくお願いします。

2015年 春

戸髙直子

#日々

© Naoko Usuki