コットンは愛情


10年前、ボディーワークの仕事を始めて、最初に勤めたアロマテラピーサロンで、先輩が「コットンは愛情」と教えてくれました。

フェイシャルメニューで使うコットンは、水で湿らせ準備をしておきます。

その具合は、びちゃびちゃすぎても、ぎゅーっと絞りすぎてもいけません。

目指すのは、触れられる側にとっても、使う側にとっても、ちょうどいいところ。 そして、ふっくらしていながらもきりっとしている、コットンそのものが美しいところ。

今日の仕上がりはどうだったかな。 これからも、コットンは愛情で♡

#BodyWork

© Naoko Usuki